ローソク足?移動平均線って何?チャート分析を徹底解説

FXのチャート画面というとなんだか色々な線や数字が入っていて難しいというイメージがありますね。

でも実は見方が分かればとても簡単、シンプルですし、何よりチャート画面を分析することで相場の未来を予想できるようになっているんです。

相場の未来を予想できるようになるということは、売買のタイミングが分かるようになる、つまりFX取引での勝率アップに繋がる可能性があります。

CK0I9A9050_TP_V

今回は初心者の方にも分かりやすいように、チャート画面に表示される線の名称やどんな意味を持っているのか、またチャート分析の法則なども図を使って解説していきます。

「ローソク足」からまずは覚えよう!

最初に見ていくのは「ローソク足」。その名の通りで「蝋燭」に似た形であることから名前がつきました。

「ローソク足」の形の意味は?

ローソク足TOP

実はこのローソク足は日本発祥。ローソク足の真ん中の胴体の長さや上下の線にも名称や意味がありますのでFX初心者必見!ローソク足の見方を教えますの記事をまずは見てみましょう。

ローソク足の見方が分かったところでローソクの真ん中の胴体から延びている「ヒゲ」にも注目。この上下の「ヒゲ」を理解できれば相場の動きが分かるといわれていますので、ヒゲを理解できればFXマーケットの動きが分かる!ライバルを知ろうの記事を要チェックです。

またローソク足には「この形の時には相場はこうなるだろう!」といった有名な形のパターンがありますので、暗記必須!有名なFXのローソク足はまるまる覚えようを見て丸暗記必須!

記事の中では1つ1つの有名なローソク足の形を下の画像のように丁寧に紹介してみました。

陽の丸坊主

「ローソク足」は形だけでなく並びも重要

そしてローソク足の形以外の並び方も重要です。並び方でFXの未来を見る?ローソク足の並びで分かることの記事でローソク足の並び方のパターンを解説しています。

また、ローソク足の並び方については江戸時代に活躍した米相場師・本間宗久が開発した法則である「酒田五法」にも注目です。「相場の神様」と言われた本間宗久は一説にはローソク足を考案したとも言われています。

三山

上のローソク足の並びは「酒田五法」で「三山」と言われている法則です。いったいどんな意味があるのでしょうか?

現代まで分析方法として長く信頼されている「酒田五法」について、日本発!ローソク足分析の酒田五法を学ぼうの記事で詳しく解説しました。

「移動平均線」で勝率UP!?

FXの相場分析方法でローソク足を使った分析とあわせて覚えたいのが、「移動平均線」を使った分析です。

平均移動線1

SBI FXトレードのチャート画面でローソク足と一緒に表示されているオレンジ色の線を「移動平均線」といい、売買のタイミングを図る上でとても重要な材料となります。

詳しくは、チャート分析は移動平均線から!FXのトレンドを理解しようの記事と、移動平均線を2本使った売買のタイミングを図る方法を解説したクロスで儲ける!FXで大事な移動平均線の交わるポイントの記事を確認してみましょう。

さらにはアメリカの株式アナリスト・マイケル・H・グランビルが開発した移動平均線と為替レートを使用して分析する「グランビルの法則」にも注目です。FXの売買のタイミングはこれで大丈夫。グランビルの法則を徹底解説で8つの売買ポイントを下の図のように図解で解説しています。

グランビル6

「トレンドライン」で相場の流れを判断しよう

ローソク足や移動平均線は各FX会社の取引ソフトなどで自動で表示できるようになっていますが、「トレンドライン」は自分でチャートに線を引いて分析していく少し上級者向けの分析方法です。

ライバルに差をつける。トレンドラインでFXの流れを知ろうの記事で「トレンドライン」の引き方の基本や役割について解説しています。

「トレンドライン」を引くことができるようになれば、FX取引も初心者レベルから一歩脱していると言ってよいでしょう。

また、相場には上昇傾向や下落傾向といったトレンド(流行)のほかにも横ばいになる均衡状態の「ボックス相場」が発生することがあります。

ボックス相場2

「ボックス相場」はトレードのチャンスがないかというと、実はその逆で「ボックス相場」は取引のチャンス!FXの均衡状態では何をするのか。ボックス相場の見方を要チェックです。

相場の転換期、「アノマリー」も見逃すな!

「相場は水物」とよく言われてますが、いくら分析をしていても理屈では説明できない値動きをすることがFXの世界ではあることを覚えておかなければなりません。

FXは理屈じゃない!アノマリーで一歩上のトレーダーにの記事では、「根拠はないのに当たるという経験則みたいなもの」である「アノマリー」で有名なものを紹介しています。

また、相場の転換期として重要なのが「大台」「節目」といった相場の「区切り」です。

ローソク足や移動平均線、アノマリーなど様々な分析を駆使して転換期を見極めていく必要があります。

大台や節目には気を付けろ!FXチャートに張り付くのは今だ の記事で大事な「大台」、「節目」の見極めのポイントについて解説しました。

OOK161103154_TP_V

チャートソフト【MT4】を使いたいなら国内FXより海外FX!!!

FX取引をしていく上でチャート分析をすることは必須。基本的な分析方法を各記事の中で詳しく図解で解説していますので、まずはしっかり読んで覚えましょう。

 

またチャート分析においてチャートソフトは優秀なものに越したことはありません。

国内FX業者では自前でチャートソフトを用意しているところもありますが、海外FX業者の多くが使用しているMT4に比べるとまだまだスペックは遅れています。

参考;ザイFX!×メタトレーダー(MT4)

海外FX業者ではXMをはじめ多くのブローカーでMT4に対応しているので興味があれば口座開設してみてもいいでしょう。

参考:XMの評判は?